FC2ブログ
この日記のはてなブックマーク数
  • |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2008年10月29日水曜日
     秋公演で最も良かったのは、公演名にも入っている「リゾナント ブルー」の歌唱場面だった。
     
     家に帰ってから普通の販動、ワンカットダンス?バージョン、春公演?の動画、アナザーバージョン、レッスンスタジオバージョンを見た。

     リゾナント ブルーリゾナント ブルー(初回生産限定盤A)(DVD付)リゾナント ブルー(初回生産限定盤B)(DVD付)シングルV「リゾナント ブルー」

     普通のは大分前に見ていた。
     
     以前見た時滑稽に感じたが、今回改めて見てその原因が幾らか分かった。

     前に見た時も小春を見て笑ってしまったが、矢張り原因の多くが彼女にあるようだ。
     
     先ず、「悲しみトワイライト」の時の様な、前髪を上げ、頭頂部で纏め、御凸を出しているのが、今回の作品には合っていない気がする。

     悲しみトワイライト (初回限定盤)(DVD付)映像 ザ・モーニング娘。4 ~シングルMクリップス~

     そして何より、彼女が笑い過ぎているのが問題の様だ。

     「リゾナント ブルー」は、現在の私の心情も含め、基本的に暗く、陰鬱で、陰のある歌であり、そうあるべきだ。

     歌を主に担当する主力3人。
     「リーダー」の高橋さんと「センター」で「メイン」で「エース」の田中さんは殆ど笑っていない。
     今回の作品でむやみやたらに笑わない事は、この作品を表現する上では重要だ。
     
     久住さんは、その笑顔と明るさが大きな魅力ではあるが、「リゾナント ブルー」を表現するには未だ若過ぎたのかもしれない。
     day after tomorrowは、良い歌を多く発表したが、どの歌でも常に笑顔で歌ってしまったmisonoさんは違う形で再び我々の前に現れた。

     DAY CLIPS

     one cut ? versionは、1つの撮影機を固定させ、全体の踊る様を長回しで見せている。
     各人に注目する事が出来る。
     私はリーダーの高橋さん、サブリーダーの新垣さん、亀井さん、、、ジュンジュン、リンリン、、、という事務所的な順番で、1人1人に注目する為、9回連続再生させた。
     こんな事は、視野の狭い単独「推し」や、嫌いな成員が居る人間には出来ないだろう。

     高橋さんは、矢張り踊りが上手い。
     私は舞踊に関しては素人だが、見ていて「違和感」が無い上に、細かい、手足、指先の動きに至るまで綺麗であり、ほぼ「完璧」と思える。
     私は今まで彼女にあまり興味が無かった事もあり、じっくり注目して見る機会も無かったが、今回改めて見て、彼女の能力の高さに感服した。
     今回最初に彼女を見たので、先ず彼女が評価の基準となり、つまり他の成員は、、、という事にもなるのだが。。。

     ガキさんは私にとって最大の関心の対象だ。
     彼女も小春同様、前髪を上げ、凸を出し、加えて髪の分量が多過ぎる感じがし、しかも笑顔が多過ぎて、この作品の感動を低下させるのに貢献している。
     ダンスは無難に上手い。
     娘。に入って来た頃悩んでいたのが嘘の様だ。彼女の努力の積み重ねが見えた。
     しかし、矢張り愛ちゃんよりは落ちる。
     高橋さんの踊りが曲線の様に滑らかなのに比べると、直線的でカクカクしている。
     振り自体や衣装の影響もあるのだろうか。

     亀井さんも舞踊の水準はガキさんと同程度だと感じた。
     上手いのは確かだが、高橋さんが到達している「更なる高み」には届いていない。
     細かい動きの美しさ。ただ正確に踊る、、、を超えた領域。
     ただ、彼女は髪型や表情、それらから生み出される雰囲気が、今回の作品に私が求める物と近いのが良い。
     自分を変えたい、内向的、寝顔の美しさ、インドア派、滑舌の悪さ、意味不明な言動、雨、がさつ、、。
     彼女には共鳴する物が多くある。

     道重さんはガキカメより違和感が出る。
     私よりは確実に遥かに上手いが。
     「軽い子に良く見られる」等の部分で、両手を重ね、ジグザグさせながら上げて行く振りは、各人の舞踊技術の高低を暴露させ易い。
     気の毒なほど口を閉じ続け、後ろ、端の目立ち難い所で踊りに徹し、終盤で「唯一の」見せ場、「HELP ME!」。
     声を出して笑いました。
     誰かこの子を救ってあげて下さい。

     「リゾナント ブルー」は、田中れいなの、田中れいなによる、田中れいなの為の作品である。
     
     一部の人にとってはしつこいだろうが、私が娘。、ハローに嵌る、最大のきっかけとなった歌は「SEXY BOY」である。

     SEXY BOY~そよ風に寄り添って~

     私にとってセンターと言えば田中れいな、メインと言えば田中れいな、エースと言えば田中れいななのである。
     
     彼女は娘。に入った時から「センター」で、「メイン」だったが、それを続けられたわけではなく、常に「エース」候補であり、「エース」群には居たが、「エース」にはなり切れなかった。
     最初の「シャボン玉」は華々しいデビューだった。

     シングルV 「シャボン玉」シャボン玉

     しかし諸事情あり、大人の事情あり、彼女の力、、、人気不足あり、他にも主力級は色々居り、、、田中さんは直ぐに主役の座から下ろされる、、、だけでなく、端役という「屈辱」も味わわされた。
     あれから3年、、、安倍さんが去り、石川さんが去り、久住小春が加入した。。。
     2006年、彼女に再び好機が訪れた。
     田中れいながセンターの作品は素晴らしい。
     オリコンの数字によれば、CD売上は良くなかったらしい。
     ピカソはかつて酷評されていた。
     良い物は、新しく、「変」である為、反発が起き易い。
     しかし多くの人に、大きな刺激を与える事も多い。

     田中れいなが主役でない舞台は退屈でしょうがなかった。
     
     2007年は久住さんを藤本さんに代わる、超える存在にする為の年だった。
     
     ミクシィで、田中さんは遂に高橋さんを抜いて1位になった。
     主力の一角を占めた藤本さんが辞め(させられ)た。
     1人でラジオ番組の司会を始めた。
     声優に挑戦した。
     
     2008年、田中さんは、加入当初の念願を漸く叶えたのだった。

     「リゾナント ブルー」の踊りはやや期待外れだった。
     彼女は歌も踊りも最高だと思っていた。思い込んでいた。
     それは彼女に対する贔屓目もあったのかもしれない。
     非常に上手いのだが、高橋さんと比較すると表現力が少し落ちる。
     色っぽさ、妖艶さでは彼女は群を抜いている。圧倒的だ。
     矢張り今作は「陰」をどれだけ表せるかが大きい。
     
     久住さんは道重さんと良い勝負だった。
     思っていたより水準が高かった。
     背が高かったり手脚が長かったりすると踊りに迫力が出易い。

     光井さんは経験が浅いわりに良く踊れていた。
     7期以上の巧みさ。

     ジュンジュンも同様に上手だった。

     リンリンは髪型が熟女の様で改善の余地がかなりあった。
     踊りは、エッグの経験もあるから、、、と思っていたががっかりだった。
     全体を見ると気にならないが、彼女だけ見ていると、特にリーダーと比べると「天地」の差だ。

     
     「アナザーバージョン」は、従来なら普通のバージョンで、普通のバージョンの方は、今までならダンスショットバージョンという事になろう。

     4バージョン見たが、この「アナザーバージョン」が1番良かった。
     れいなに始まり、、、高橋さん、久住さんと続き、、、れいなで終わる。。。
     この作品は、そういう作品なのだ。

     田中さん、高橋さんは、実際普段着ていそうな服やら何やらだった。
     ガキさんは浮浪者っぽくもあったが、、、舞踊場面では気になった髪も隠され可愛く、笑顔も抑えられていて良かった。
     どの成員も、顔に関してはかなり綺麗に撮られ、撮影、編集、化粧、髪、衣装、照明等の担当者が良く頑張ったと思う。
     好対照なのが「アンビシャス~」である。

     発表当初「原点回帰」と一部で記述された事には、私は今も賛同できないが、特にこの「アナザーバージョン」は「サマーナイトタウン」に似ている。
     
     サマーナイトタウン

     「レッスンスタジオバージョン」は、4作品の中では最も利用価値が低いが、しかし「アナザーバージョン」の一部で使われた様子を通して見られて面白い。
     終盤、ガキさんが鏡と逆に体を180度回転させ後方に歩く時の笑顔は楽しげで、見てる自分も幸福を感じた。
     
     今年はより一層ハローから離れたが、楽曲大賞に投票したくなって来た。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。