FC2ブログ
この日記のはてなブックマーク数
  • |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2008年07月23日水曜日
    人事:政府 官房副長官補に河相氏就任承認 - 毎日jp(毎日新聞)
     時事ドットコム:官房副長官補に河相氏=外務省総政局長は別所氏
     
    氏名 生年月日 学歴 職歴 新官職
    安藤裕康 昭和19年11月22日 東大文卒 昭和45年4月外務省採用、昭和61年7月アジア局南東アジア第二課長、平成6年2月官房外務参事官兼経済局、平成8年1月橋本総理秘書官、平成11年7月在米公使、平成15年8月紐育総領事 欧州大使
    河相周夫 昭和27年11月22日 昭和50年一橋大経卒 昭和50年外務省入平成6年アジア局南東アジア第一課長、平成8年池田行彦・小渕外相秘書官、平成10年総合外交政策局総務課長、平成12年官房外務参事官(北米局担当)、平成13年駐米公使、平成17年1月北米局長就平成19年総政局長 外交担当の内閣官房副長官補
    別所浩郎 昭和28年2月5日 灘高東大法卒 昭和50年外務省入、総政局総務課長、平成13年4月小泉総理秘書官平成19年国際協力局長 総政局長
    木寺昌人   会計課長総政局審議官アフリカ審議官 国際協力局長

     3人とも秘書官を経験しており、安藤次期大使、河相次期副長官補は南東アジア課長、官房参事官、駐米公使等米国関連の役職、河相氏と別所次期総政局長は同局総務課長を経ている。
     現在の副長官補3人は全員昭和45年入省庁。河相次期副長官補は50年入省で5年も遅く、他省の人事にも影響を与えるかもしれない。
     河相、別所両氏は同期入省であり、小泉政権の長さがうかがえる。
     歴代総政局長は錚々たる顔触れであり、財務省同様、長く外務省から離れていた元首相秘書官としては好待遇ではなかろうか。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。