この日記のはてなブックマーク数
  • |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2008年09月26日金曜日
     今回こそ予想通り麻生太郎が勝利した自民党総裁選。

     閣僚名簿を見て、麻生氏と同じく天皇家に近い、鳩山邦夫総務相、森英介法務相が居るなあと思ったり、選挙で大敗し民主より少ない参院から超重要閣僚の外相が出ていたり、財務相と金融相が兼任だったり、官房長官が総理と異なる研究会所属議員だったりして驚いたりしましたが、今回も一番の驚きは官僚絡みの人事でした。私が政治家より官僚に興味を持っているからという事もあるかもしれませんが。

     先ず私が最初に目にした、官僚関係の人事は、内閣官房副長官(事務)の交代でした。
     これは私にとっては驚きではありませんでした、或いは、私に驚くだけの知識はありませんでしたが、異例だったらしいです。

     続いて総理秘書官。
     私が常に一番注目するのは、「官庁の中の官庁」、、、何だかこの表現は古臭過ぎて死語っぽい感じもしますが、、、財務省から誰が出るかです。
     自民党、外相・党幹事長経験者、総裁選圧勝、、、。
     財務省は主計局経験豊富な、将来次官になる可能性の大きい人物を送り込むものと思っていました。
     ところが、内定したのは、「国際畑」の浅川雅嗣官房参事官(副財務官、56年入)でした。
     意外でした。
     総理秘書官は、総理との関係、年次、官職等、様々な要因で決まるのでしょうが。
     入省年は、前の林信光秘書官が55年ですから普通ではあります。
     「人材不足」の56年ですから、57年から福田淳一総合政策課長、迫田英典主計局総務課長を出すという選択肢もあったとは思います。
     そうなると警察庁からの秘書官、室城信之企画分析課長と同期にはなってしまいますが、確か前例はあった様な。
     東京を離れている稲垣光隆東海財務局長起用は過去を見ても「無い」のでしょうか。
     兎も角浅川さんは、国際局長、財務官に、ぐっと近付いた気がします。

     財務省が彼を選んだのは、麻生氏が消費税率引き上げを3年間凍結する事を宣言した事も影響しているのでしょうか。ただ、現状では、誰が総理になっても引き上げは困難でしょう。
     或いは麻生政権を短命と見たり、今後の政局の混乱を予想したりしての事でしょうか、、しかしそれは今に始まった事ではありません。

     一番大きな理由は、総務省の岡本審議官が秘書官に内定した事ではないでしょうか。
     
     麻生内閣人事で最大の驚きは、岡本審議官の秘書官就任でした。
     総務省、旧自治省からというのは極めて異例でしょう。
     しかも年次は浅川氏より3年も上です。
     総理秘書官にはそれぞれ役割分担があり、財務省からの秘書官が内政を担当し、一番先輩で、主導権を握るのが通例のようです。
     今回の顔触れで、そういった従来の分担がどうなるのか不明ですが、岡本氏が重要な役割を果たし、財務省出身秘書官の存在感が薄れそうではあります。

     仮に与謝野馨経済財政担当大臣が総裁、総理になっていたら、総務省から秘書官を呼ぶ事などせず財務省も「本気」で最高年次の秘書官を送り出せていたように思います。

     岡本審議官は旧自治省、総務省から秘書官を出すという前例を作った功労者ですし、自治財政局長、次官の道が待っているのでしょうか。

    スポンサーサイト
  • |
  • 編集 2008年09月11日木曜日
     格好良い車と言うと、本田のNSX、10年程前の5代目、最後のプレリュード、フェラーリF50等が浮かぶ。
     最近実物を見て良いと思ったのは、BMW(車種不明)、フェアレディZで、何れも色は黒。
     
     価格.com - 自動車カタログ
     
    国名製造会社名 車種名 評価
     トヨタ 無し 
      ホンダS2000
     ★★★★★
      日産GT-R
    ★★★★★
       フェアレディZ ★★★★★
       フェアレディZ ロードスター★★★★★
      三菱 無し 
     マツダ無し 
     スバル無し 
     スズキ無し 
      ダイハツ 無し 
     光岡TD2000★★★★★
      レクサス 無し 
    クライスラー無し 
     フォード無し 
     シボレー無し 
     キャデラック無し 
     ハマー無し 
     リンカーン無し 
     マーキュリー無し 
     サリーン無し 
     ダッジ無し 
     独 アウディ 無し 
     BMW無し 
     メルセデス・ベンツ無し 
     ポルシェ無し 
     フォルクスワーゲン無し 
     AMG無し 
     スマート無し 
     マイバッハ無し 
     アルピナ無し 
     YES!無し 
    フィアット無し 
     アルファロメオ無し 
     フェラーリF50★★★★★
     マセラティ無し 
     ランボルギーニガヤルド★★★★★
      ムルシエラゴ★★★★★
    ジャガー無し 
      ランドローバー 無し 
     ミニ無し 
     ロータス無し 
     TVR無し 
     アストンマーチン無し 
     ベントレー無し 
     ロールスロイスPHANTOM★★★★★
     デイムラー無し 
     モーガン無し 
     ケーターハム無し 
     ノーブル無し 
     仏 プジョー 無し 
      ルノー 無し 
      シトロエン 無し 
     ブガッティ無し 
     蘭 ドンカーブート 無し 
     瑞 ボルボ 無し 
      サーブ 無し 
     韓 ヒュンダイ 無し 

     外観が「美しい」、評価が「★★★★」のも最初書いていたが、数が非常に多くなり、面倒になったので、「非常に美しい」、「★★★★★」に絞った。
     だが、そうすると、今度は数がかなり限られてしまった。

     私は運動車が好みの様だ。
     国は日本、伊太利、英国のみで、会社も本田、日産、光岡、フェラーリ、ランボルギーニ、ロールスロイスだけになった。
     意外と日産車に対する評価が高い。
     
     日本車の意匠は全体的に退屈な印象だったが、他国に比べれば寧ろましな様だ。
     五つ星の車種が僅かしかないのは残念だ。

     豊田は意匠の感覚が悪い印象だったが、矢張りその通りだった。
     豊田車の中では、最新のプリウスが★★★★で最高。
     プリウスは風貌、性能両面に優れた車だと思う。
     安値で取引される初期のプリウスは今見るとダサい。

     本田はNSX、プレリュードの記憶から、国内では圧倒的な存在だと思っていたが、価格コムの画像を眺めるとS2000位しか興奮出来る車種は無い。
     次点はフィットで★★★★。
     ありがちと言うか、本田の標準と言うか、特に面白みの無い顔の筈だが、しかし良く纏まっていると言うか、洗練されている。プリウス同様燃費も良く、実用的、現実的という観点からは高く評価して良い車だろう。
     
     予想外に良い車が多かったのが日産。
     ルノーが資本・経営参加し、ゴーンが指揮し、意匠面を強化した効果だろう。
     一方ルノー車はぱっとしないんだが。。。w
     シーマ、フーガ辺りも美しい。
     
     マツダやスバルは、性能的には優れた車が多いらしいが、見た目は改善の余地だらけである。
     
     光岡は全車種格好良い、、、がやり過ぎ感も漂う。
     大昔の英仏の車に似た物や、ロールスロイスファントムっぽい車が並ぶ。
     似たり寄ったりの外観でつまらない会社が多い中でその独自性は抜けており、そういう意味ではかなり貴重な、存在意義の高い企業だ。
     
     例えば、新車の販売価格が100万円を切る様な、軽自動車等、安価な車は、或る程度デザイン面で劣っていても仕方ない気はする。
     だが、500万、或いは1000万といった「高級車」には許されない。
     
     アメリカ人は、とりあえず馬力のある車に乗っていれば良いと思う。
     クレジットカードを大量に保有し、株やら不動産やらに投資し、財産を失う彼等の生き方は素晴らしいと思う。
     見るべき物も殆ど無いだろう米国車の中では、シボレーのコルベットが良い。
     サリーンS7も良い感じだが、どう見てもF50のパク・・・。
     何だろう、、、どうもアメ車には安っぽさ、うそ臭さがある。
     格調高い自動車を生み出すには、国の歴史が必要なのかもしれない。

     アウディ、BM、ベンツ、ポルシェ、AMG、マイバッハ、、、。
     ドイツ車にはかなり期待していたが、大した事は無かった。
     アウディは意匠面ではBMWより優れている事を再確認出来た。
     前に見て良いと思ったのはBMじゃなくてアウディだったのかもしれない。。
     ベンツは全体的に高水準だが、★★★★のSLRマクラーレンは、光岡のオロチに似た勘違いっぷりである。
     
     お金が有り余っていれば保有してみたい車、、、NSX、F50、ヴェイロン、ファントム、マイバッハ。。。

     フェラーリも最高評価は無かったが、価格コムに無いF50を特別に。
     ランボルギーニ車は完成されている。

     英国車企業が次々買収されて行ったのは当然にも思えた。
     ファントムは光岡の車と見た目に大差は無いが、思い入れがあるので。

     車には、国によって「色」がある事を学んだ。
     仏蘭西車にも特徴がある。
     全体的に丸っこ過ぎて刺激が足りない。可愛過ぎる。

     綺麗な女を物にするには金が掛かる。
     性格も良いとなるとなかなか居ない。
     
  • |
  • 編集 2008年09月10日水曜日
    舌戦始まる…自民総裁選、5氏が立候補届け出(産経新聞) - Yahoo!ニュース

    立候補者名麻生太郎石原伸晃石破茂小池百合子与謝野馨
     肩書き 幹事長元政調会長
    前防衛相
    元防衛相
    経財相
     年齢 6751
     51 5670
     選挙区 福岡県8区 東京都8区 鳥取県1区 東京都10区 東京都1区
    所属政党自民自民自民日本新→新進→保守→自民 自民
    初当選年
    1979
     1990 1986 19921976
     衆当選回数 96
     75
    9
    参当選回数0001 0
    学歴学習院大政経卒普通部、塾高、慶大文卒鳥取大付小・中、慶大商卒カイロ大
    1963年東大法卒
     職歴外相、総相、経財相、経企長官、幹事長、政調会長
     日テレ政治部記者、行革・規制改革相、国交・観光立国相、衆法務委員長、党都連会長、道路調査会長、党税調副会長、政調会長三井銀、防衛長官、防衛相
     環境相、首相補佐官 1963年日本原子力発電入、1992年衆議運委長、1994年文相、1995年政調会長代理、1996年官房副長官、1998年通相、2004年政調会長、2005年経財・金融相、2006年党税調会長、2007年官房長官・拉致問題担当相、2008年現在経財・規制改革相、党税調小委員長、党財政改革研究会長。
     所属政策研究会 為公会 近未来平成研
     清和会 無し
    所謂世襲××
     雑記 大本命。党三役の政調会長、ナンバー2の幹事長、超重要閣僚の外相を経験。後は総理になるしかない、なりたくてしょうがない人。天皇家、大久保利通、吉田茂に連なる超名門麻生財閥の出。「失言」必至。 石原都知事長男。石原家は小泉家に近い。国交相、政調会長を経て、親父より出世。次回以降で総裁になる為の顔見せ。 大臣は防衛位で、党三役経験無し。額賀を差し置いて立候補。平成研から再び総裁が出る日は来るのだろうか。中川秀直氏に推されたという噂。当選なら初の女総裁、そして総理。だが米国と同じ事になるのだろう。大臣・党幹部経験とも、総裁になるには浅い。
    与謝野鉄幹、晶子に連なる。中曽根の薦めで就職。職歴は十分。確か落選も経験した記憶。入院し、声が枯れ、健康、年齢に不安。かつて或る議員が当時主計局に居た武藤敏郎大和総研理事長に与謝野総裁を実現させると言われたらしい。立候補すらないと私は思っていたが今回実際出馬した。最初で最後の勝負か。


     今回は、流石に麻生幹事長が総裁、総理となるだろう。
     党員票、議員票の半数弱を既に固めていると報じられている。
     麻生氏の総裁選出馬はこれが4度目で、他の4人は全員が初めての立候補であるようだ。
     
     議員票の流れを大きく左右する、各研究会の動きだが、最大勢力の清和会は小池氏出馬にもかかわらず「自主投票」。今や「キングメーカー」と称される森元首相は麻生支持を呼び掛け、会長の町村氏は現官房長官で今回は不出馬。中川元政調会長は小池擁立の仕掛け人と言われる。
     かつての主役平成研は石破前防相出馬も拘束は無い模様。「プリンス」額賀前財相始め人材不足は深刻で凋落著しい。
     「大宏池会」となった宏池会。2トップの古賀氏は選対本部長、谷垣氏は国交相。
     第4勢力近未来政治研究会からは石原氏が出たが投票は自由。
     志帥会は会長の伊吹氏が財務大臣。中川昭一は今回も出ず。
     新しい波は二階氏が経産相。
     為公会は会長の麻生氏自身が立候補。
     番町は高村会長が外相。
     
     福田内閣とはどんな内閣「だった」のか。
     それは以上を見れば分かる様に、各研究会の会長等有力者を露骨に党幹部、閣僚に据えた内閣だった。(平成研からは党三役。)それは内閣の低支持率ゆえに止むを得ず、小泉内閣とは対照的。
     
     福田政権誕生の時から次の総裁は内定しており、「キングメーカー」森氏は当然麻生支持。
     町村(現役官房長官)、額賀(前財務大臣)、谷垣(前政調会長、現国交大臣)、中川昭一、高村(現役外務大臣)といった、研究会長を中心とした、有力な総裁候補等は、麻生以外1人も動かなかった、否、動けなかった。
  • |
  • 編集 2008年09月05日金曜日
       Super! drama TV : TOP

     海外人気ドラマを、最近の物を中心に流している。
     番組表では各番組は正時開始となっている物が殆どだが、実際には2分頃開始の物が圧倒的多数。
     宣伝が長く多い。
     ドラマは吹き替え、、、じゃなくて二ヶ国語版と字幕版両方あるのが大抵。
     
    番組名採点寸評
     ER 緊急救命室
     ★★★
     初期は速度感があったが、ただ場所が「病院」というだけになってしまった。
     HEROES/ヒーローズ ★★★ 米国で大人気等と大々的に宣伝されたが別に面白くはない。見所は金髪美少女のチア姿等。
     One Tree Hill
     ★★★ 金髪美少女等若い美女を拝む番組。
     S.A.S.英国特殊部隊 ★★★★ 「GyaO」で配信されていた。
     The OC
     ★★★★ マリッサで目の保養をする番組。マリッサが居なくなれば・・・。
     THE WIRE/ザ・ワイヤー
     ★★★★ 薬物で荒れる若者を全員黒人俳優に演じさせる、勇気ある番組。
     WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!
     ★★★ 日本放送協会の番組の再利用。暗い。
     アグリー・ベティ ★★★★ これも協会の衛星で放送した物。美女、衣装、美術、音楽を楽しむ。
     宇宙空母ギャラクティカ ★★★ 古い。
     エバーウッド2 遥かなるコロラド ★★★ 美少女に恋をし、その「イケメン」彼氏に嫉妬する番組。
     刑事コロンボ ★★★★★ 唯一圧倒的にとても面白い番組。今日もコロンボの、しつこい性格と白々しい態度が犯人と視聴者を苛立たせる。
     ザ・ホワイトハウス ★★★ 民主党政権というのが何ともらしい。最新作で声優が代わって違和感w
     サード・ウォッチ ★★★ 暗い。
     サンダーバード ★★ 古典過ぎる人形劇。あの顔むかつく。
     シックス・フィート・アンダー ★★★ ゲイ8割、セックス2割のお話。
     新宇宙空母ギャラクティカ ★★★ こんなのあったっけ。
     新エアーウルフ復讐編 ★★★ 飛行気乗り。
     新スタートレック ★★★ 宇宙船の中に引き篭もって、特に何も起こらない。
     スーパーナチュラル ★★ 声優が下手過ぎw
     特攻野郎Aチーム完全版 ★★★ 完全版ゆえ、未公開だった部分だけ字幕になって最初の頃は驚いた。
     ナイトライダー ★★★ ダサい車が喋る。
     バトルスター・ギャラクティカ ★★★ 読売新聞の記事で絶賛されていた。
     犯罪捜査官ネイビー・ファイル ★★★ 毎回軍事裁判ごっこをやっている。
     プロテクター電光石火 ★★★ 「スティング」をパクった、英国公共放送の「華麗なるペテン師たち」。BBCに憧れるNHKが衛星第二で放送していた、この番組と同じ主演俳優。
     プロファイラー・犯罪心理分析官 ★★★ 暗い。徹底して暗い。
     炎のテキサス・レンジャー ★★★ 永遠のB級俳優、チャック・ノリス主演。彼が出演するだけで作品がB級に成り下がる。胡散臭さぷんぷん。こいつには金を貸したくない。
     ボルディマン ★★★★ きもいおっさんの喜劇。喜劇は珍しく、貴重な存在。ミスタービーンよりは大分程度が下。
     ラリーのミッドライフ★クライシス ★★★ 眼鏡の禿げたおっさんが騒いでいる。意味不明。
     セレブリティ・ファイル4 ★★★★ 俳優解剖。
     SUPER INDEX ★★★ 番組宣伝番組。

     映画は知名度の低い、B級が基本。しかも字幕ばっかで見る気しねえ。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。