FC2ブログ
この日記のはてなブックマーク数
  • |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2008年03月26日水曜日
     2008年3月26日mixi娘。メンコミュメン数順位
     [mixi] モーニング娘。 コミュニティ一覧によれば、れいなのコミュメンバー数が小春のそれを久々に上回った。

     小春はガキさん、さゆ、亀、れいなと、先輩を次々に抜き、愛ちゃんにも迫って、一時はモーニング娘。のトップになりそうなほどの勢いだったが、ここに来てそれも落ち着き、一方で愛ちゃん、れいなが伸びて、遂に娘。ナンバー2が入れ替わった。
     れいなと小春の差は僅か1であり、恐らく誤差の範囲だろうが。
     「リゾナント ブルー」で、所謂センタ-が小春かられいなに替わった事も影響か。

     小春は、この1月ほどで唯一増減無し。他のメンバーは全員増加した。

     又、愛ちゃんが2000の大台に乗った。「ハロメン」では、ぁゃゃ、ミキティに次いで3人目。
     

    メンバー名

    2日※1

    26日※2

    増減※3

    増減率※4

    高橋愛

     1971

    2000

    29

    1.47%

    田中れいな

     1870

    1911

    41

    2.19%

    久住小春

     1910

    1910

    0

    0.00%

    亀井絵里

     1650

     1657

     7

    0.42%

    道重さゆみ

     1201

     1230

     29

    2.41%

    新垣里沙

     914

     931

     17

    1.86%

    光井愛佳

     416

     428

     12

    2.88%

    ジュンジュン

     319

     328

     9

     2.82%

    リンリン

     146

     148

     2

     1.37%


     
    スポンサーサイト
  • |
  • 編集 2008年03月19日水曜日
     ::: Dohhh UP! :::
    より。

    歌手名

    歌名

    音盤発売日

    販動視聴数

    評価※

    関連記事

    安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)

    16歳の恋なんて

    1月16日

    0点5

    ★★

     

      Buono!(ボーノ)

     恋愛♥ライダー

    2月6日

    2~9

     ★★★★

     

    アテナ&ロビケロッツ

     青春!LOVEランチ

    2月14日

    10~

     ★★★★★

        ドーアップで「みかん」と青春LOVEランチとか何とかを見た感想。

     ℃-ute

     LA LA LA 幸せの歌

    2月27日

    1

    ★★★

     

    Berryz工房

    ジンギスカン

    3月12日

    1

    ★★★

        Dohhh UP!のBerryz工房「ジンギスカン」販動は元の販動の劣化版。

    メロン記念日

    カリスマ・綺麗

    3月19日

    1

    ★★★

     

    モーニング娘。

    リゾナント ブルー

    4月16日

    2~9

    ★★★★

        ::: Dohhh UP! :::のモーニング娘。「リゾナント ブルー」販動の感想。

     ※私の、記事最終更新時の評価。
     
  • |
  • 編集 2008年03月19日水曜日
     世の中には、兎にも角にも、モーニング娘。が存続してさえくれれば良いという、尊敬すべき、娘。愛に満ち溢れた人が居るらしい。
     自分の好き嫌いよりも「一般」受けが大事。
     素晴らしい考え方である。

     私にはとても真似出来ない。
     好きでもない娘。がだらだら存続するよりは、好きな娘。がとっとと消えてしまう方が望ましい。
     
  • |
  • 編集 2008年03月18日火曜日
     政府は武藤に替わる日銀総裁候補として田波を提示したらしい。
     驚いた。
     何故なら田波も同じ元次官であり、事前の報道では見なかった名前だからだ。
     田波も同じ元次官だが、武藤と異なり、主計バリバリでなく、次官の前職も主計局長でなく、内閣内政審議室長らしい。
     
     今回の人事案から私が推測する、政府の考えは、

     ①総裁が空席になっても止むを得ない。

     ②どう転んでも世論は政府・与党批判でなく、民主等野党批判へ向かうだろう。

    である。

     ①仮に総裁が空席になっても恐らく白川次期副総裁が総裁職を代行出来る。
     それすら不可能でも、理事が代行出来る。
     
     現実問題、総裁が空席だろうが、よほど変な人でない限りに於いては、誰が総裁をやっても大差無い。
     日銀は総裁の独裁でもなく、それより遥かに多数の審議委員も居り、日本の中では「優秀」な、日銀・財務省出身の理事等も多く控える。

     政府は、総裁が空席になってもその打撃は小さく、極力避けたかったが、止むを得ないと判断したのだろう。

     そのような「決断」が出来たのも②の読みがあるからであろう。
     
     2008年3月18日朝、日本テレビ系の「ズームイン!スーパー」によれば、今回の総裁人事のごたごたに対して、約25%の人が与党に、約50%の人が野党に責任を感じているとか何とかいう事だ。
     所謂五大紙やテレビ局等の野党批判も影響しているかもしれない。
     
     つまり、田波案提示前の時点で、世論は野党批判に向かっている。

     その上で、今回の田波案に野党が、

     ❶同意→同じ元次官なのに何故今回は同意→野党批判、

     ❷不同意→空席→野党が同意しなかったから空席→野党批判、

    といった具合に、どう転んでも政府・与党でなく、野党への、世論の批判が増大するであろうと政府は考えているのだろう。
     故に政府は、野党に対する譲歩・妥協を極力抑えた、抑える事が出来たのではなかろうか。
     
  • |
  • 編集 2008年03月16日日曜日
     ℃-ute「まっさらブルージーンズ」販動の最後。

     Dohhh UP!℃-ute「まっさらブルージーンズ」販動4分11秒490×410

     ちょw岡井ちゃんが消えてるww

     中島さんの頭から出ている腕は、岡井ちゃんの腕である。
     又、矢島さんと中島さんの間に見える胴体、脚は、岡井ちゃんのそれらであるw

     あれ、、、これって。。。

     Dohhh UP!モーニング娘。「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」販動4分17秒

     「SEXY BOY(後略)」販動のガキさんと一緒じゃんww
     
     或いは、京都か何処かの御寺か何かの庭の、8個の石が7個にしか見えないとか何とかいうやつみたいw
     
     龍安寺石庭

     あwこれww

     龍安寺の、所謂石庭。
     15個の石が14個しか見えないらしい。
     
  • |
  • 編集 2008年03月14日金曜日
     狼で販動が公開されている事を知った。

     ::: Dohhh UP! :::で見た。

     「リゾナント ブルー」を聞くのは   「リゾナント ブルー」の第一印象は2007年の娘。単独歌に似ていまいち。の時以来2度目。

     <見出し>

     ①音楽家名は「モーニング娘。」でなく「MORNING MUSUME。」。
     ②時間は5分もある。
     ③冒頭の画を見て℃-ute「都会っ子純情」を思い出した。
     ④愛ちゃん、れいな中心、小春補助、他はおまけっぽい扱い。愛ちゃん、れいな、小春、さゆ以外の顔は分かり難い。EXILE状態w
     ⑤場所、衣装が変わらない。
     ⑥振りはデューク更家っぽい。
     ⑦さゆ「シャボン玉~」に似ている。
     ⑧暫くは滑稽で笑ってしまうがそのうちそれもおさまった。
     ⑨音盤発売の1ヶ月超前に販動公開するんだ。
     ⑩ハロー公式頁音楽家表画像の成員の並びを予想。

     
     Dohhh UPモーニング娘。「リゾナント ブルー」販動0003

     ①音楽家名は「モーニング娘。」でなく「MORNING MUSUME。」。

     2007年Dohhh UPモーニング娘。販動冒頭

      ⑩ハロー公式頁音楽家表画像の成員の並びを予想。

     成員数は9。前回と同じ。此処暫くはこれ。
     先ず今回も3行3列と予想。
     動画を見る限り、れいな、愛ちゃんが中心で、小春が補助。恐らく今回もこの3人が最前列。
     中央は誰でも不思議は無いが、れいなか。
     
     2「列」目は、冒頭を飾る愛佳、何か叫んだwさゆ、後はガキさんが個人的には印象深くなってしまう。
     逆に他の3人は「居たっけ?」という感じ。特に「留学生」2人は「消えていた」。

     というわけで、

     銭琳 亀井 李純
     新垣 光井 道重
     久住 田中 高橋

    ってな感じか。
     
  • |
  • 編集 2008年03月07日金曜日
     Gmailにナタリーから、娘。の36枚目の単独音盤「リゾナント ブルー」「完成」を伝えるメールがあり、それによれば、初回生産限定版A[CD+DVD]1680円、初回生産限定版B[CD+DVD]1680円、[CD]1050円の3種類もあるそうだ。
     「リゾナント ブルー」の感想記事を書く過程で、Amazon.co.jp: リゾナント ブルー(初回生産限定盤A)(DVD付): モーニング娘。: 音楽を見た。
     すると、発売前にもかかわらず、何故かそこには、「カスタマーレビュー」が掲載されていた。
     さらっと見たがちゃんとは読まない。「いいえ」を押す。
     商品を入手していないのに「カスタマーレビュー」を書かれても迷惑である。
     

     まだ一部の音源だけの視聴ですが


     うん、だったら書くなよ。
     しかも視聴じゃなくて試聴だろう。。。

     AとBの違いを知りたくてぐぐったが分からない。
     訪問解析から例えば・・・ : 娘。新曲「リゾナント ブルー」は各種お一人様3枚まで! - livedoor Blog(ブログ)を見付けたが、残念ながら彼も分からないらしい。
     みかん女に 幸あれは、AがDVD付、Bがブックレット+スペシャルパッケージ仕様とあり、AにはDVDが付き、Bには付かなかったという事だろうか。
     ハローの音盤を手に入れた事が無い事もあり分からない。
     
     アマゾンには「カスタマーレビュー」を、せめて商品発売後に受け付けてもらいたい。
     アマゾンで購入した人にだけ「カスタマーレビュー」を許可すればもっと良いかもしれない。
     
  • |
  • 編集 2008年03月06日木曜日
     <見出し>

     ①私が「リゾナント ブルー」を聞くまで。
     ②聴取者に媚び過ぎたFIVE STARS on Wednesday
     ③「リゾナント ブルー」の第一印象は2007年の娘。単独歌に似ていまいち。

     <詳細>


     ①私が「リゾナント ブルー」を聞くまで。

     はてなアンテナ - 私のはてな空中線FIVE STARS on Wednesdayの部分を見て、FIVE STARS on Wednesdayで、モーニング娘。36枚目の単独音盤「リゾナント ブルー」の「リゾナント ブルー」が「宇宙で」最初に流される事を知った。
     狼ではこの歌を褒めるスレが立ち、多くの書き込みがあった。
     新しい歌やら何やらを賞賛するスレは毎度出るので、さほど気にしない。
     
     期待通り、歌の部分だけ切り取った物が上げられていた。
     便利なものである。

     娘。の新しい歌は、番組全体を聞いた時に耳に入るというのが今までだった。
     歌だけ落として聴くというのは初めてだと思う。

     ②聴取者に媚び過ぎたFIVE STARS on Wednesday

     この番組を聴くのは何ヶ月ぶりだろうか。
     初回は、歌は6つ流し、うち4つが洋楽。残りは娘。の歌だった。
     歌が多過ぎるとか、知らない洋楽が多過ぎるとか、不満を持ったが、れいながこの番組を通じて色んな洋楽も知りたいと言っていたので、自分も彼女と共に、様々な歌に触れてみようとも思っていた。

     まあ、結局殆ど聞いてないんだけどw
     最近は、私の、恐らく他の、少なからぬ人々も同様の不満を抱いたのだろうが、要望が通り、しかし余りに通り過ぎて、この回は歌が4つに減らされ、しかも全部邦楽で、娘。が2つ、なっちが1つ、つまりハローが3つという具合になってしまった。
     聴取者に媚び過ぎである。これじゃ他と変わらない。
     
     ③「リゾナント ブルー」の第一印象は2007年の娘。単独歌に似ていまいち。

     「リゾナント ブルー」の第一印象は、例によって詩は余り分からないし、聞き取り難いし、さほど興味も無いので、主に曲に対する感想という事になるが、「歩いてる」~「みかん」の第一印象と評価、つまりどの程度好きなのかという点に於いては変わらない。
     要するに退屈。
     別に何時もの事だし、今更がっかりもしない。
     
     「笑顔YESヌード」、「悲しみトワイライト」、「女に幸あれ」、「みかん」。
     最近の、上4つは2007年の、娘。の唄は、激しく、格好良い感じのばかりだ。
     「みかん」は多少趣が異なるが、「リゾナント ブルー」も、去年の傾向が続いているような曲だ。
     こういうのは私の好みに近いんだろうが、似た様なのが多過ぎて、歌の幅が狭い感じがして飽きが生じる。
     お馬鹿な感じ、ふざけた感じ、可愛い感じの歌も単独として出してほしい。
     もっと多様性が欲しい。
     「SEXY BOY」が私のハローへの入り口なので、そういうのを求める気持ちは常にある。
     また、かつての「涙が止まらない放課後」の様な、可愛らしい曲調のも、時には出してほしい。
     
     Berryzだと、「ジンギスカン」(御馬鹿)、「付きあってるのに片思い」(可愛い)、「VERY BEAUTY」(しっとり)、「告白の噴水広場」(昭和)。
     ℃-uteだと、「LA LA LA 幸せの歌」(明るい)、「都会っ子純情」(格好良い)、「めぐる恋の季節」(軽快)、「桜チラリ」(可愛い)。
     歌に対する表現は大雑把で、一言ゆえ乱暴な所もあるが、最近のベリキューは娘。に比べれば色んな歌を出していると思う。
     
     娘。、Berryz、℃-uteの、最近の歌は概ね下図の様な印象。
     娘。Berryz、℃-ute歌の傾向
     それぞれにある程度傾向があると私は感じている。
     だが娘。はキッズに比して、単独歌の幅広さの面では劣るとも思う。
     「原点回帰」とか「サマーナイトタウン」に似ているとかいう記述を複数個所で見たが、私はそう思わない。
     私はハローに嵌ってあまり経たないが、それでも娘。の単独動画は全て見ている。
     「サマー(後略)」等、初期のに似ているとは思わなかった。寧ろ2007年、特に「笑顔(後略)」から「女に(後略)」まで、つまり最近のに似ており、「回帰」というよりは「継続」という印象を持った。
     
     だが、それも、あくまで、過去の作品に例えればという事である。
     実際には、今までのどれにも似ていないという表現の方がより正確である。
     曲は全体を通して「混沌」としており、覚え難い。
     歌を聴いている時受けた印象は、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」に近い。
     加工されたような声が「幾重にも重なって」(日本語としては正確でないかもしれないけど、何層にも重なってと言うか、波の様に押し寄せると言うか、そういう感じ)来る様な所が。
     「ボヘミアン(後略)」ほどの衝撃もむかつきも中毒性も無いし、それほど好きになるかは不明だが、余り経験した事の無い、わけの分からない物に出会って混乱させられる感じである。
     私は「リゾナント ブルー」を1度聞いただけでは思い出せない。
     それは私の中で「引っ掛かり」となり、苛立ちを生み、不明瞭な記憶をはっきりさせて心を落ち着かせたいと思わせ、もう一度聞き、、、また聞き、、、あれ、、、という風に嵌る可能性はあるかもしれない。
     
     この歌を思い出そうとすると、頭の中で「パープルウインド」が流れてしまう。
     以前、他の、複数の人の、「パープルウインド」を高く評価する記事を見たが、その時は「別に、、、」と思っていた。
     だが、最近狼の音声番組で聞いて気に入り、iTSで購入し、娘。の、2006年春公演の動画を見て大好きになった。
     ただ、「パープルウインド」は、最も近い時期に、私が強く好んだ、娘。の歌だから想起し易いという事は多分にあるだろう。したがって、「パープルウインド」と「リゾナント ブルー」が似ているかは分からない。

     この歌は格好良い。
     しかしだから好きというわけではない。
     少なくとも外っ面が格好良い。
     つまり、従来の支持者以外に聞かせても恥ずかしくないという事である。
     ただ、それは必ずしも良い事ではない。
     私が好きか嫌いか、殆どそれだけが重要である。
     ハロー、娘。は、恥ずかしい事を恥ずかしげも無く堂々とやって来たのであり、それが成功の大きな要因であったと思う。
     「SEXY BOY」も格好良いが、一方で馬鹿で、ダサくて、恥ずかしい。でもそれが最高。
     
     娘。の最近の歌は、時代・社会情勢には合致しているかもしれない。
     より現実的な流れ。
     だがそれは娘。の自己否定にもなりかねない。
     
     ℃-uteの「Mステ」出演の模様に対して、「一般」の目を気にした、否定的な意見があった。
     それを見て私は、何を今更、、、と思った。
     そんな事に配慮してしまったら、それこそハローは終わりではないかと思う。

     ドーアップ辺りで動画を見、音楽番組を見(られるのか?w、或いは見るに値する物がどれほどあるのか。。。w)、音楽会の模様を見れば多分「リゾナント ブルー」を好きになるだろう。
     2007年の、娘。の単独歌は、どれも第一印象はぱっとしなかったが、結局は全て好きになった。
     「歩いてる」は相変わらず好きになれないが、あの歌の時の様な、絶望的で最悪の第一印象ではないので大丈夫だろう。
     
  • |
  • 編集 2008年03月05日水曜日
     <見出し>

     ①真野恵里菜ソロデビュー。
     ②吉川友、北原沙弥香の、Milky Way抜擢。
     ③アップフロントエッグオーディション。
     ④キッズの成功、℃-uteのレコ大新人賞獲得。
     ⑤エルダ、娘。の衰退。
     ⑥集団から独立する事の難しさ。ぁゃゃ、ミキティだけの「成功」経験。
     ⑦キッズ対エッグ。新たな競争。
     
     <詳細>


     ①真野恵理菜ソロデビュー。

     2008年3月2日付で、「Hello! Project -Official Site-」の「HEADLINE NEWS」に、真野恵里菜が同日音楽ガッタスを「卒業」し、29日にハロプロエッグの「研修を修了」し、ソロ歌手デビューの準備に入る予定であることが発表された。
     キッズについて最近徐々に知り始めた私は、エッグに関しては殆ど知らない。
     ただ、彼女がエッグで1番人気が高いであろうことは知っていた。

     いや、そもそもエッグとは何であり、誰がいるのか。
     「ハロプロエッグ」でぐぐっても公式サイトが余り上位に来ない。
     ハロプロエッグ - Wikipediaによれば、3月5日現在活動しているのは21人とのことだが、真野のエッグ「研修修了」は29日であり、Wikipediaの記述は間違っている。
     Wikipediaからリンクされた公演情報 | 2007 ハロープロジェクト 新人公演11月 ~品川で会いましょう~には、22人に是永美記を加えた23人が載っている。
     Hello! Project -Official Site-のアーティストリストには、エッグは一部のみで、全員が載っているわけではない。

     このように、エッグは公式情報が少なく、メンバーを正確に把握することすらたやすくない。
     ただ、どうやら、3月5日時点では、以下の22人である「らしい」。
     
     2008年3月5日ハロプロエッグ成員mixi共同体成員数順位

     上の数字を見る限り真野さんの人気はエッグの中では圧倒的である。
     だからエッグの中からソロデビューさせるなら当然彼女だろうが、現時点での人気は娘。なら愛佳、℃-uteなら有原さんと同程度であるだろう
     ただ今回のソロデビューによって、キッズメンバーの多くを人気面で追い抜き、上回って行くことになるだろう。
     実際既に有原さん(彼女はエッグ出身らしいがキッズメンバーに分類して良いのか分からない)を抜き、今後は、具体的には、清水、岡井、須藤、梅田、徳永、中島辺りが、そう遠くないうちに、mixi共同体成員数で逆転される可能性が大きいと予想する。
     
     真野さんを1人で歌手として売り出して成功するかは不明だが、彼女の人気が急激に伸びるのはかなり確かだろう。

     なぜ今彼女をソロ歌手デビューさせるのか。それはこの記事の重要なテーマであり、それについてはこの記事全体で説明を試みるが、
     彼女個人に関しては、

     ①年齢的にもうソロ歌手デビューさせないと、ソロ歌手デビューさせるには遅過ぎになってしまいかねない。

     事務所全体で見れば、

     ②開催中の「アップフロントエッグオーディション」を盛り上げたい。

    等の理由を私は推測する。
     
     真野ちゃんは、Hello! Project -Official Site-で「ベリキュー!」出演も報じられており、事前に告知されていた「サプライズ」出演者が彼女であることが判明。アドレスは2008年3月3日を示す。
     今回の「独立」と繋がった。

     なぜアドレスがberryz_cuteでなくcute_berryzなんだろ。。。w
     
     ②吉川友、北原沙弥香の、Milky Way抜擢。

     Hello! Project -Official Site-では、真野独立発表後、「きらりん☆レボリューション」から新ユニット「MilkyWay」を誕生させ、新キャラ、スポーティー少女/雪野のえる役に北原沙弥香(ハロプロエッグ)、不思議少女/花咲こべに役に吉川友(ハロプロエッグ)を選び、4月30日発売デビューシングル「アナタボシ」を、アニメの新オープニング曲にする事を報じた。
     記事の年月日は2008年3月3日。

     何故アドレスがkusumiでなくkuzumiなんだ。。。

     
     標本数が少なく、調査方法も余り分からず、信頼度は低いが、ある調査によれば、モーニング娘。8期選考で最後に残った6人の中で合格してほしい人を聞いた問いに、最も多くの票が集まったのが吉川友だった。
     ちなみに途中で消えた増田絢美は2位。唯一の合格者光井愛佳は5位だった。


     だから吉川を合格させるべきで、愛佳を落とすべきだったという、ありがちで、下らない主張をする気は私には全く無い。
     ただ吉川さんは選考時、多くの人から支持を集めていたかもしれない。
     
     そんな彼女を事務所はエッグとして採用した。
     
     モーニング娘。とハロプロエッグの差は大きい。
     知らなければ好きになりようも無いのである。
     今は、光井さんは吉川さんより多くの人から好かれているようである。
     
     そんな吉川さんが大きな飛躍の契機を得た。
     上の画像によれば、彼女はエッグの中では人気の高い成員のようである。
     
     吉川さん以外に、モーニング娘。の選考に落ちたがハロー入りした人で私が知っているのは、4期選考落選のミキティ、5期の三好さん、6期のみうな、7期の須磨愛?さんである。
     つまり、4期以降、毎回誰かしら採用されているのである。
     ミキティはソロ、娘。、絵里香ちゃんは美勇伝、みうなはカントリー娘。として音盤も発売している。
     須磨さんは、私は知らない。
     という事で、「落選組」がCDを出す事は、過去を見れば珍しい事でもないようだ。
     ただ、エッグに在籍しながらというのは、後述の北原さんもそうだが、恐らく珍しい。
     
     娘。選考落選者の音盤参加の例が過去あるという意味では、寧ろ気になるのは北原さんの方である。
     真野さん、吉川さんは名前も顔も知っていたが、北原さんは名前も顔も知らなかった。
     ミクシィを見ると、彼女の人気は、エッグの中では中位程度であるようだ。
     
     北原沙弥香 - Wikipediaによれば、歌唱力が高く、エッグで最も背が高いらしいが。。。
     真野、吉川と異なり、動画で彼女を見た記憶が無く、想像し難い。
     彼女についてはこれから色々分かるんだろう。
     
     彼女達の「抜擢」も、概ね真野さんと同じ理由によるものだろう。
     
     ③アップフロントエッグオーディション。

     真野、吉川、北原。。。
     3月になって、アップフロントは、次々とエッグの「デビュー」を発表した。
     これは一体どういう事だろう。。。
     そう考えた時、私はアップフロントエッグオーディションとか何とかいう物が現在行われている事を思い出した。
     そうか、、、これだったのか。
     とりあえず納得が行った。
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。