FC2ブログ
この日記のはてなブックマーク数
  • |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2007年10月25日木曜日
     asahi.com:「アイドルなんて思ったことない」 モーニング娘。結成10年 - 音楽 - 文化・芸能
    http://www.asahi.com/culture/music/TKY200710240204.html

     

    「アイドルなんて思ったことない」



     興味深い見出し。

     モーニング娘。はアイドルとも言えアーティストとも言え、しかし範疇分けするなら「アイドル」だと私は思う。
     
     朝日新聞「モーニング娘。中澤裕子、石川梨華、高橋愛」




     左から梨華ちゃん、愛ちゃん、よっすぃ~?、、、
     と思いきや右は中澤姐さん。

     「ハロプロニュース」の3人が揃った。
     久々に見られて私は嬉しい。

     3人とも「モーニング娘。誕生10年記念隊」に入っていない。
     


     

    「私は、アイドルとは思っていない。『モーニング娘。』というカテゴリーとみている」。1期生のリーダー、中澤裕子はそう話す。



     なるほど。
     確かにモーニング娘。は他のアイドルとは別である。
     特に昔は。
     例えば、「可愛い」というのはアイドルの基本的な条件かもしれない。
     さらに「キャラの面白さ」が加わると魅力がぐっと増す。
     そして何より、モーニング娘。には素晴らしい歌が沢山ある。
     私にとってはこれが非常に大きい。
     何たって10年分の歌があるのだ。
     これは他のアイドルには容易に真似出来ない。
     これぞ歴史の重みである。
     継続こそ力なり。
     同じ歌でも歌い手が変わって、新たな歌となる。

     メンバーが入れ替わる。
     これも、モーニング娘。の重要な特異性の1つである事は否定出来ない。
     
     

    4期生の石川梨華は歌もダンスも苦手だった



     ダンスも苦手だったんだ。
     歌は最近の梨華ちゃんも微妙だがw
     ダンスの得手不得手と歌の上手下手は大抵一致する。

     夏先生が5期以降の選考のどれかだったかで、吉澤と辻もダンスが下手だったから(この子も)大丈夫・・・みたいな事言ってたけど、梨華ちゃんもだったのか。
     4期以前の選考は未だに見ていないというw
     
     

    5期生で現リーダーの高橋愛は、ジャージー姿でダンスの練習をする先輩メンバーを見て「華やかなところしか見ていなかったので、びっくりしたけどうれしかった」と振り返る。



     これは、「モーニング娘。DVDマガジンVol.13」で、ガキさんが言っていた事とほぼ同じである。
     
     

    メンバーは「卒業」と称して脱退し



     これは、私も「脱紺」で同様の事を書いたが、概ね適切な表現だろう。
     まあ、「追放」とまでは朝日は書けないだろうw
     
     

    中澤は自分で卒業を決めた。



     これは分かり難い。
     まさか自分から辞めると申し出たわけでもなかろうが。
     事務所に辞めるよう言われ、自分で辞める事を決めた・・・といった具合だろうか。
     結局、辞める様に言われて、ただそれに従った、従うしかなかっただけだと思うが。
     どうせ同じ辞めるなら肯定的に、「自分で決めた」としているだけでは。
     
     

    「30歳の時に何をするかを考えた」。



     で、その「何」って何w
     結婚じゃないよねw

     

    石川はスタッフに打診された。



     いや、中澤もスタッフに打診されたんだと思うが。。。

     

    モー娘を「友達と家族の両面を持ったメンバーたちとの、不思議な学校みたいなところ」と例える。



     メンバーは良く、モーニング娘。を、「家族」等と例える。

     でも家族に「卒業」、「脱退」という名の脱退や追放はそう多くは起こらない。
     矢張り「学校」という方がしっくり来る。
     
     或る程度経験を積んで年齢を重ねると「卒業」し、大手媒体に男女交際を報じられると「脱退」という名の「退学」が待っている。
     人が恋愛感情を抱くのは人として当然の事であり、それは睡眠欲とか、食欲とか、排泄欲といった、基本的な欲求に近い性欲の現れである。
     そしてそれが男女交際へ発展するのもごく自然な事である。
     そういった、人間にとって重要な領域は、仕事の為という理由で侵されてはいけない。
     が、現実はそうも行かない様である。
     特に初代リーダーが表現した、「モーニング娘。」というカテゴリーの存在が疑わしくなっている最近では。
     モーニング娘。を学校と例えるのは学校に失礼かもしれない。
     
     

    モー娘で得たものを、高橋は「家庭より長くメンバーといるので、相手が何を考えているか自然と分かるようになった」と話す。



     「家族より長く一緒に居る」というのは、「二人ゴト」で愛ちゃん、ガキさんが話したり、「アロハロ!新垣里沙DVD」でガキさんが言ったりしている事でもある。

     何かを得る為に、何かを捨てなくてはいけない時というのはある。

     モーニング娘。で得た物が、その代償に捨てた物より大きいと良いのだが。
     
     

    恋愛や結婚について聞いたところ、中澤が「その質問にはお答えできません」。「アイドル」の模範解答で締めくくった。



     中澤さんは「アイドル」である事を否定するが、それは彼女の、モーニング娘。に対する、強い思い、愛情の表出だとは思うが、しかし矢張り「アイドル」である事を彼女自身が示してしまった。

     「モーニング娘。」という範疇はかつて存在していたのかもしれない。
     いや、或いは、そんな物は昔から無かったのかもしれない。
     一部の人達が、あると思っていた、思い込んでいたのかもしれない。
     
    スポンサーサイト
  • |
  • 編集 2007年10月20日土曜日
     モーニング娘。「韓国のファンとの出会いにワクワク!」 | Chosun Online エンタメコリア | 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/article/20071019000046

     モーニング娘。で最も人気がある3人のメンバー、高橋愛、新垣理沙、久住小春は、26日から2泊3日で韓国を訪れる。



     上位3位に入るのはガキさんでなく、れいなこと田中れいなだろう。

     或いは日本ではなく、世界とか韓国とかでの人気だろうか。

     然も「理」って字間違えてるしww
     
  • |
  • 編集 2007年10月18日木曜日
     この歌も、ここ暫くのハロプロの歌同様、第一印象はぱっとしなかった。
     だが番組のオープニング映像、CDのCMを見るうち良くなり、「Dohhh UP!」のビデオクリップを見て嵌った。
     久々に「来た」感じ。
     「Dohhh UP!」アテナ&ロビケロッツ「勝利のBIG WAVE!!!」ビデオクリップガキさん



     兎に角ガキさんが可愛い。
     一寸ケバイけど。
     ガキさんの作り笑いアイドルスマイル炸裂。
    「Dohhh UP!」アテナ&ロビケロッツ「勝利のBIG WAVE!!!」ビデオクリップ岡井少年

     私が、℃-uteメンバーの中では1番好きな「岡井少年」。
     余り℃-uteに好きな子は居ないのだが。
     ガキさんの次に、この動画で印象深かったのが彼、、、じゃなくて彼女。
     色黒で一見健康的そうな肌。
     彼女の芸能人スマイルもなかなか。
     
    「Dohhh UP!」アテナ&ロビケロッツ「勝利のBIG WAVE!!!」ビデオクリップ愛佳 愛佳が娘。に加入して1年弱。
     例えば同時期の小春と比較すると物足りない。
     期待していたほど伸びない。
     現時点では、私にとっては、「ガキさんを娘。で1番好きと言ってくれた子」くらいの価値しか見出せない。
     合宿の6人の中から彼女を選んだのは正解だと思うが、「モーニング娘。DVDマガジン」のVol.13,14を見ていると、8期は「要らない」と思ってしまう。
     まあ、入って3ヶ月で「ハロモニ。」終わっちゃうとか、周囲の環境がどんどん厳しくなって、魅力を出す機会が減っているのは可哀想だが。
    「Dohhh UP!」アテナ&ロビケロッツ「勝利のBIG WAVE!!!」ビデオクリップnksk


     所謂「nksk」。
     まあ、好きでも嫌いでもない。
     つまりは、どうでもいいw
     本人には申し訳ないがw
     
    「Dohhh UP!」アテナ&ロビケロッツ「勝利のBIG WAVE!!!」ビデオクリップセクシーウエウエ



     思いっ切り「セクシーウエウエ」w
     ガキさんの「セクシーウエウエ」をまさかここで見られるとはw
     
    「Dohhh UP!」アテナ&ロビケロッツ「勝利のBIG WAVE!!!」ビデオクリップ岡井ちゃん



     岡井ちゃんが何て言ってるのか聞き取れねえw
     

     ガキさん、愛佳、岡井ちゃん、中島さん。
     まあ、娘。と℃-uteの不人気メン寄せ集め玄人好みのメンバーを集めた夢のユニットですなw

     大分良くて今日はこれを何度も再生した。
     今年の楽曲大賞の「PV部門」で投票するかも。

     ★★★★★とても良い。

     何てったって、ガキさんメインってのが良いわな。

     画も音も元気で明るいのも良い。
     
     
  • |
  • 編集 2007年10月18日木曜日

    私のメンバー呼称

    不良である理由

    愛ちゃん

    茶髪

    ガキさん

    茶髪

    茶髪

    さゆ

    耳に穴開けた

    れいな

    茶髪

    小春

    4月から茶髪

    愛佳

    4月から茶髪

    ジュンジュン

    中国人

    リンリン

    中国人

  • |
  • 編集 2007年10月16日火曜日
     モーニング娘。
    http://www.helloproject.com/artist/01/index.html

     ⑨銭琳⑤道重⑧李純
     ⑥新垣⑦光井④亀井
     ③田中②久住①高橋

     ハロプロ公式サイトのモーニング娘。の写真が更新された。
     次の単独音盤「みかん」のものだろう。
     
     前列中央は小春。
     前作「女に幸あれ」の歌い出しも彼女で、ビデオクリップは彼女と愛ちゃん中心の作りだった。
     今作の「アーティストリスト」の写真も彼女が1番良い位置であり、正式に「エース」に就いたと見る。
     
     彼女のミクシィコミュ参加者数は、ガキさん、さゆ、亀、そして最近れいなを抜き、トップの愛ちゃんを超えるのも時間の問題だろう。
     
     事務所が「ミラクル」と囃し立てた逸材は、遂に一応はその狙いを果たす事となった。
     
     モーニング娘。の歴代「エース」は、

     1期安倍なつみ、
     (2期矢口真里、)
     3期後藤真希、
     4期石川梨華、
     5期高橋愛、
     6期藤本美貴、田中れいな、
     7期久住小春

    であり、その根拠はシングルでの歌唱時間の割合やビデオクリップでの扱われ方等である。
     最近のモーニング娘。は、「SEXY BOY~」、「Ambitious~」ビデオクリップでのメインれいな、サブ愛ちゃん、ミキティ、2007冬集結公演「LOVEマシーン」に象徴されるように、愛ちゃん、ミキティ、れいなの、3「エース」、3本柱体制が続いていた。
     が、ミキティ、愛ちゃんの「卒業」が迫り、小春の人気も2人に迫って来て、事務所は当初の目論見通り、小春への移行の動きを、特に今年になって強めた。
     前述の「LOVE~」の最初と最後は小春に任せている。
     加えて、ミキティの娘。「離脱」が予定より早まった為、ミキティ→小春の流れを一気に進めた。
     
     つまり、愛ちゃん、ミキティ、れいなの3本柱体制から、愛ちゃん、れいな、小春へのシフトである。
     小春はミキティの代わりに「エース」陣の一角を占める事となった。
     
     小春は歌唱力は低いが人気が高い「エース」であり、そういう面では、過去で言うと、梨華ちゃんタイプの「エース」である。

     早ければ来年、遅くとも再来年辺りには訪れるであろう愛ちゃん「卒業」後は、れいな、小春のW「エース」体制、ジュンジュン人気が高まれば3「エース」体制、或いは別の新人を加えた3「エース」体制へ移行するだろう。
     
  • |
  • 編集 2007年10月10日水曜日
     第1回、2007年10月3日放送分。

     mixiだとテーブルを使えない等、表現上の制約が多いですが、簡単に書いてみます。

     モーニング娘。のメンバーは、現在、リーダーの愛ちゃんが「ヤン土」、サブのガキさん、そして亀が「GAKI・KAME」、さゆが「今うさピー」、「ヤン土」、愛佳が「愛 say hello」といった具合に、メンバーの多くが、週1回のレギュラーのラジオ番組を担当しています。
     そんな中、れいなの番組も始まる事は、本当に嬉しい事です。
     テレビ出演等の減少は寂しいですが。

     InterFMの運営会社の筆頭株主はテレビ東京ブロードバンドで、両社の社長は同一人物であり、テレビ東京出身者です。
     また、テレビ東京ブロードバンドの筆頭株主はテレ東です。

     この番組を担当する5人は、全員、アップフロント系の事務所に所属するようです。
     
     ホームページの「プレイリスト」を見ると、30分番組「なのに」6つも歌が流され、うち4つが洋楽です。邦楽はどちらもモーニング娘。の歌です。
     「GAKI・KAME」の場合30分で歌3つ、全て邦楽で、うち2つがハロプロという事が多いようです。
     「今うさピー」だと全部ハロプロ関係のようです。
     
     これはこの番組がトークよりも歌中心であり、また、InterFMというラジオ局自体が、元々日本にいる外国人向けの局であるらしい事を示すものでしょう。
     
     他のかたも書いていたように、れいなは緊張気味でした。
     でも、初の、自分の番組の初回で、しかも「GAKI・KAME」と違って1人。硬くなるのも仕方ないでしょう。
     むしろ、その初々しさが聞いていて楽しくすらありました。
     番組が進むにつれて自然になって行った気がしますし、回数を重ねるごとに肩の力は抜けて行くでしょう。
     
     れいなが「自己紹介がわり」と言って最初に流れた歌はモーニング娘。の「シャボン玉」。
     改めて書くまでもないですが、この歌は、彼女がモーニング娘。に加入して最初のシングルを飾る歌であり、ビデオクリップを見ても彼女中心に作られている事が分かります。
     れいな自身、モーニング娘。の歌の中でも特に好きな歌としてこの歌を挙げた事があります。
     
     番組中のモーニング娘。の歌は聞いたと思います。
     でも他4つは全部飛ばしたと思います。
     私は洋楽は好きですが、邦楽・洋楽問わず、ハロプロ・非ハロプロ関係なく、紹介されていきなり良いと思える歌は少ないです。
     アヴリルの歌は好きですが改めて聞き直したいとまでは思いませんでした。
     ハロプロの歌だったら初めてでもとりあえず全部聴いてみるでしょうが。

     れいなが最近はまっている事に関してはネタとしては多少滑った気がしつつも、ああ昔は自分も出来たなあと懐かしく思い、弟の話が出て来て微笑ましかったです。

     またライブハウスから単独ライブを始め、ハロプロ以外の洋楽も歌いたいとか何とかいう話。
     いきなり大きい会場ではなく、遠慮気味にライブハウスからと言っていたのが、本当かどうか分かりませんが、「うたばん」収録で娘。を卒業してソロになる事への不安を彼女が口にしたという「噂」と重なって印象深かったです。
     また去年の「ハロプロアワー」で、ほとんどハロプロの歌しか知らない、ハロプロの歌を歌いまくると話していた彼女が、関心の幅を広げ、一歩踏み出そうとしている感じがして興味深かったです。
     れいなの、コンサートでの輝きぶりは物凄いので、彼女が単独ライブをすれば、それはきっと素晴らしい物になるでしょうし、是非行ってみたいものです。

     最後の、彼女独特の映画の見方というのはとても面白くて笑いました。

     私が知らない情報が多くて、非常に有意義でした。
     
     番組の最後に感想を送って下さいとか何とかと彼女は言っていましたが、例えば「GAKI・KAME」では初回からメールが読まれ、「今うさピー」、「愛 say hello」、そして多分「ヤン土」でもリスナーのメールが読まれると思います。
     ところがこの番組では一切読まれませんでした。
     送っても番組で読まれる事はないのかもしれません。

     「モーニング娘。DVDマガジンVol.13」で、亀は「中間管理職」、さゆは「天使と小悪魔」と言いました。
     直接の元ネタは、前者は「GAKI・KAME」であり、後者は「今うさぴー」だと思います。
     
     このように、ラジオ番組の「ネタ」が他で生かされるという事があり、リスナーは「ニヤリ」とするわけです。
     
     週1回ラジオ番組を担当する事は、定期的に彼女達の話を聞けるだけでなく、その事が他の活動との間で相互に良い効果をもたらし合い、1つのベースとなるはずです。
     今後の放送に大いに期待します。
  • |
  • 編集 2007年10月09日火曜日
     2005年だか2006年頃の紅白歌合戦。
     香西かおりの後ろで何故かモーニング娘。が踊っていた。

     ミキティは大丈夫。
     彼女はバーニング系だから。

     そんな記述があるブログで為された。

     モーニング娘。は、表はアップフロント、裏はバーニングという噂がある。
     
     和田マネージャーの後任は、バーニング系のオーロラという事務所から来たとか。

     そして香西かおりはオーロラ所属。
     
  • |
  • 編集 2007年10月07日日曜日
     

    ガキさん「好きな色は緑」。



     あれ、そうだったの。
     彼女の好きな色は色んな説があるw
     
     

    ガキさん「ラジオネームでこさん」。



     ぺさんに続く2人目の3度目かな。

     GAKI・KAME 日記ですよ - 2007-01-01
    http://d.hatena.ne.jp/tara41/20070101

     矢張り、そのよう。

     昨年末の「ハロプロやねん」、「朝までハロプロやねん4」と比べると何だかな。
     ガキ、亀、さゆ、れなでやって欲しい。
     
     

    パールのようなもの。



     バールのようなものktkrw
     
     

    ガキさん「亀、メープルくれたよね、お土産」。



     メープルってカナダの国木とか何とかだっけ。

     メープル 1 [maple] - goo 辞書
    http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&mode=0&MT=%83%81%81%5B%83v%83%8B&IE=sjis&type=sleipnir

     楓、紅葉。

     お土産が楓、紅葉って、、、そんな形のお菓子なのか。
     メープルシロップ使った菓子なのか。

     

    ガキさん「12月1日に追加公演」。



     噂通り。

     

    ガキさん「長野では怪我をして、、、」。



     今週、来週は長野の後収録か。

     う~ん、、、生で聞くのは兎も角、わざわざ落としてまで聞きたいほどの面白さではない。。。
     
     
  • |
  • 編集 2007年10月06日土曜日
     目茶久々に落として聞く。

     

    亀「~一蓮托生~」。



     スタッフに言わされてるのばればれ。
     うーん、、、もう四字熟語は良いんじゃないかと。
     そこまでして毎回言わなくても良い。
     スタッフの存在をこちらに感じさせない様にして欲しい。
     
     

    ガキさん「公開ラジオにしたい」。


     
     それは良い。
     けどそれより、前にも書いたけどビデオポッドキャストにして欲しい。
     「ハロモニ@」が酷い事になってるから余計に顔を見たい。
     「ハロいぱ!」も何か終わったみたいだし。

     

    「You」。


     
     ジャニーかよw
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。