FC2ブログ
  • |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2008年09月26日金曜日
     今回こそ予想通り麻生太郎が勝利した自民党総裁選。

     閣僚名簿を見て、麻生氏と同じく天皇家に近い、鳩山邦夫総務相、森英介法務相が居るなあと思ったり、選挙で大敗し民主より少ない参院から超重要閣僚の外相が出ていたり、財務相と金融相が兼任だったり、官房長官が総理と異なる研究会所属議員だったりして驚いたりしましたが、今回も一番の驚きは官僚絡みの人事でした。私が政治家より官僚に興味を持っているからという事もあるかもしれませんが。

     先ず私が最初に目にした、官僚関係の人事は、内閣官房副長官(事務)の交代でした。
     これは私にとっては驚きではありませんでした、或いは、私に驚くだけの知識はありませんでしたが、異例だったらしいです。

     続いて総理秘書官。
     私が常に一番注目するのは、「官庁の中の官庁」、、、何だかこの表現は古臭過ぎて死語っぽい感じもしますが、、、財務省から誰が出るかです。
     自民党、外相・党幹事長経験者、総裁選圧勝、、、。
     財務省は主計局経験豊富な、将来次官になる可能性の大きい人物を送り込むものと思っていました。
     ところが、内定したのは、「国際畑」の浅川雅嗣官房参事官(副財務官、56年入)でした。
     意外でした。
     総理秘書官は、総理との関係、年次、官職等、様々な要因で決まるのでしょうが。
     入省年は、前の林信光秘書官が55年ですから普通ではあります。
     「人材不足」の56年ですから、57年から福田淳一総合政策課長、迫田英典主計局総務課長を出すという選択肢もあったとは思います。
     そうなると警察庁からの秘書官、室城信之企画分析課長と同期にはなってしまいますが、確か前例はあった様な。
     東京を離れている稲垣光隆東海財務局長起用は過去を見ても「無い」のでしょうか。
     兎も角浅川さんは、国際局長、財務官に、ぐっと近付いた気がします。

     財務省が彼を選んだのは、麻生氏が消費税率引き上げを3年間凍結する事を宣言した事も影響しているのでしょうか。ただ、現状では、誰が総理になっても引き上げは困難でしょう。
     或いは麻生政権を短命と見たり、今後の政局の混乱を予想したりしての事でしょうか、、しかしそれは今に始まった事ではありません。

     一番大きな理由は、総務省の岡本審議官が秘書官に内定した事ではないでしょうか。
     
     麻生内閣人事で最大の驚きは、岡本審議官の秘書官就任でした。
     総務省、旧自治省からというのは極めて異例でしょう。
     しかも年次は浅川氏より3年も上です。
     総理秘書官にはそれぞれ役割分担があり、財務省からの秘書官が内政を担当し、一番先輩で、主導権を握るのが通例のようです。
     今回の顔触れで、そういった従来の分担がどうなるのか不明ですが、岡本氏が重要な役割を果たし、財務省出身秘書官の存在感が薄れそうではあります。

     仮に与謝野馨経済財政担当大臣が総裁、総理になっていたら、総務省から秘書官を呼ぶ事などせず財務省も「本気」で最高年次の秘書官を送り出せていたように思います。

     岡本審議官は旧自治省、総務省から秘書官を出すという前例を作った功労者ですし、自治財政局長、次官の道が待っているのでしょうか。

    スポンサーサイト
  • |
  • 編集 2008年09月10日水曜日
    舌戦始まる…自民総裁選、5氏が立候補届け出(産経新聞) - Yahoo!ニュース

    立候補者名麻生太郎石原伸晃石破茂小池百合子与謝野馨
     肩書き 幹事長元政調会長
    前防衛相
    元防衛相
    経財相
     年齢 6751
     51 5670
     選挙区 福岡県8区 東京都8区 鳥取県1区 東京都10区 東京都1区
    所属政党自民自民自民日本新→新進→保守→自民 自民
    初当選年
    1979
     1990 1986 19921976
     衆当選回数 96
     75
    9
    参当選回数0001 0
    学歴学習院大政経卒普通部、塾高、慶大文卒鳥取大付小・中、慶大商卒カイロ大
    1963年東大法卒
     職歴外相、総相、経財相、経企長官、幹事長、政調会長
     日テレ政治部記者、行革・規制改革相、国交・観光立国相、衆法務委員長、党都連会長、道路調査会長、党税調副会長、政調会長三井銀、防衛長官、防衛相
     環境相、首相補佐官 1963年日本原子力発電入、1992年衆議運委長、1994年文相、1995年政調会長代理、1996年官房副長官、1998年通相、2004年政調会長、2005年経財・金融相、2006年党税調会長、2007年官房長官・拉致問題担当相、2008年現在経財・規制改革相、党税調小委員長、党財政改革研究会長。
     所属政策研究会 為公会 近未来平成研
     清和会 無し
    所謂世襲××
     雑記 大本命。党三役の政調会長、ナンバー2の幹事長、超重要閣僚の外相を経験。後は総理になるしかない、なりたくてしょうがない人。天皇家、大久保利通、吉田茂に連なる超名門麻生財閥の出。「失言」必至。 石原都知事長男。石原家は小泉家に近い。国交相、政調会長を経て、親父より出世。次回以降で総裁になる為の顔見せ。 大臣は防衛位で、党三役経験無し。額賀を差し置いて立候補。平成研から再び総裁が出る日は来るのだろうか。中川秀直氏に推されたという噂。当選なら初の女総裁、そして総理。だが米国と同じ事になるのだろう。大臣・党幹部経験とも、総裁になるには浅い。
    与謝野鉄幹、晶子に連なる。中曽根の薦めで就職。職歴は十分。確か落選も経験した記憶。入院し、声が枯れ、健康、年齢に不安。かつて或る議員が当時主計局に居た武藤敏郎大和総研理事長に与謝野総裁を実現させると言われたらしい。立候補すらないと私は思っていたが今回実際出馬した。最初で最後の勝負か。


     今回は、流石に麻生幹事長が総裁、総理となるだろう。
     党員票、議員票の半数弱を既に固めていると報じられている。
     麻生氏の総裁選出馬はこれが4度目で、他の4人は全員が初めての立候補であるようだ。
     
     議員票の流れを大きく左右する、各研究会の動きだが、最大勢力の清和会は小池氏出馬にもかかわらず「自主投票」。今や「キングメーカー」と称される森元首相は麻生支持を呼び掛け、会長の町村氏は現官房長官で今回は不出馬。中川元政調会長は小池擁立の仕掛け人と言われる。
     かつての主役平成研は石破前防相出馬も拘束は無い模様。「プリンス」額賀前財相始め人材不足は深刻で凋落著しい。
     「大宏池会」となった宏池会。2トップの古賀氏は選対本部長、谷垣氏は国交相。
     第4勢力近未来政治研究会からは石原氏が出たが投票は自由。
     志帥会は会長の伊吹氏が財務大臣。中川昭一は今回も出ず。
     新しい波は二階氏が経産相。
     為公会は会長の麻生氏自身が立候補。
     番町は高村会長が外相。
     
     福田内閣とはどんな内閣「だった」のか。
     それは以上を見れば分かる様に、各研究会の会長等有力者を露骨に党幹部、閣僚に据えた内閣だった。(平成研からは党三役。)それは内閣の低支持率ゆえに止むを得ず、小泉内閣とは対照的。
     
     福田政権誕生の時から次の総裁は内定しており、「キングメーカー」森氏は当然麻生支持。
     町村(現役官房長官)、額賀(前財務大臣)、谷垣(前政調会長、現国交大臣)、中川昭一、高村(現役外務大臣)といった、研究会長を中心とした、有力な総裁候補等は、麻生以外1人も動かなかった、否、動けなかった。
  • |
  • 編集 2008年08月05日火曜日
     <鈴木文科相>「環境」教科化に意欲(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

     小学校、中学校、高校、大学。。。
     日本の教育機関に於いて環境問題は非常に多く取り上げられる。
     又最近では日本放送協会が受信料を無駄遣いして環境問題に関する番組を垂れ流している。
     
     米国でのサブプライム問題。
     更には原油価格が高騰し、原料高、物価高が発生。
     米日等での景気減速。
     一部の人間が大金を稼ぎ、他の大多数が彼等に貢いでいる中行われた洞爺湖サミットの最大の議題は、、、日本のテレビ局によれば環境問題だったらしい。
     
     環境、環境、環境問題。
     勉強しろと言われるとやる気を無くし、天邪鬼っぽい私は、すっかり環境問題大嫌いな人間になってしまった。

     「医師屋」連中から金を受け取りながら、他人に責任を負わせてこの世から去って行った故・橋本龍太郎元首相時代に決まった省庁再編。彼の意思通り省昇格した環境庁。
     
     これも大きな間違いだった。
     たかだか環境程度の事で省を作ってしまったのは過ちだった。
     公害問題が深刻化した頃環境庁を創設した事の是非は私には分からないが、何も省にまでする事は無かった。
     環境庁を環境省にする事は、学校やら政府やら報道機関やらに洗脳された、日本の有権者の支持を得易かったろう。
     とりあえず過去の失敗を反省し環境省を環境庁に降格し、将来的には廃止を目指すべきだ。

     内閣改造で新たに文科相になった鈴木恒夫は、「環境」教科化に意欲を示したらしい。
     誰の入れ知恵か知らないが、冗談じゃない。
     今でさえ馬鹿みたいに、「環境」、「環境」と念仏を唱えている学校で、創価学会に負けじと題目を唱えさせようというのだろうか。
     私はこの、鈴木何某が嫌いになったし、彼の更迭を求めるし、こんな奴を大臣にした福田康夫を支持しない。
     
  • |
  • 編集 2008年07月30日水曜日
    人事:警察庁 - 毎日jp(毎日新聞)
     人事院規則九―四二(指定職俸給表の適用を受ける職員の俸給月額)
     特別職の職員の給与に関する法律
     警察官・自衛官の階級(簡略版)
     内閣府所管 予算定員及び俸給額表 組織別等内訳
     警察人事異動ノート
     人事異動ノート 警察庁人事 2007年3月31日 - 長門日記 - Yahoo!ブログ

     特別職
     
    官職名俸給月額氏名生年月日出身学歴職歴
    内閣危機管理監1235000円伊藤 哲朗昭和23年10月9日福岡県昭和47年3月東大法卒昭和47年4月警察庁、平成18年1月警視総監、19年8月退官、平成20年5月現職
    内閣情報官1211000円三谷 秀史昭和26年  昭和49年4月警察庁警務局人事課採用、平成16年4月警備局外事情報部長
    内閣総理大臣秘書官事務取扱 栗生俊一  東大法昭和56警察庁入、

     指定職
     
     官職名 号俸氏名
     生年月出身都道府県出身大 入庁年前職
     警察庁長官 八号俸 吉村博人 昭和23年11月熊本東大法 46 次長
     警視総監 七号俸 米村敏朗 昭和26年4月熊本京大法 49 官房長
     警察庁次長 六号俸 安藤隆春 昭和24年8月愛知東大法 47 官房長
     官房長 四号俸 片桐裕 昭和26年4月東京東大法 50 生安局長
     生活安全局長 四号俸 巽高英 昭和28年9月奈良東大法 51 総括審
     刑事局長 四号俸 米田壯 昭和27年4月 兵庫 東大法 51 組織犯罪対策部長
     交通局長 四号俸 東川一 昭和29年1月 栃木 東大法 52 千葉県警本部長
     警備局長 四号俸 池田克彦 昭和28年2月 兵庫 東大法 51 警視庁警務部長
     情報通信局長 四号俸 松田正一  兵庫 昭和50年京大工卒  近畿管区警察局情報通信部長
     総括審議官  金高雅仁 昭和29年6月 東京 東大経 53 警視庁警務部長
     刑事局組織犯罪対策部長       
     警備局外事情報部長       
     政策評価審議官  内田淳一 昭和31年5月 福岡 東大法 55 中日本高速道路執行役員兼東京支社副支社長
     審議官  石井隆之 昭和31年4月 東京 東大法 54 長野県警本部長
     審議官  内田淳一 昭和31年5月 福岡 東大法 55 中日本高速道路執行役員兼東京支社副支社長
     審議官       
     技術審議官       
     首席監察官       
     警察大学校長  山崎裕人 昭和27年9月 千葉 東大法 51 外事情報部長
     警察大学校副校長       
     研修所長       
     センター所長       
     センター所長       
     情報通信学校長       
     東北管区警察局長       
     関東管区警察局長       
     中部管区警察局長       
     近畿管区警察局長       
     中国管区警察局長       
     四国管区警察局長       
     九州管区警察局長       
     都警察情報通信部長       
     道警察情報通信部長       
     警視庁副総監  高石和夫 昭和28年1月 東京 東大法 52 公安部長
     北海道警本部長       
     大阪府警本部長  縄田修 昭和27年11月 東京 京大法 50 刑事局長
     京都府警本部長       
     宮城県警本部長       
     愛知県警本部長       
     兵庫県警本部長       
     神奈川県警本部長       
     広島県警本部長       
     福岡県警本部長       
     埼玉県警本部長       
     千葉県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     県警本部長       
     警視庁及び府警察部長       
    警視庁及び府警察部長       
    警視庁及び府警察部長       
     警視庁及び府警察部長       
     警視庁及び府警察部長       
     警視庁及び府警察部長       
     警視庁及び府警察部長       
    皇宮警察本部長       
    科学警察研究所長       
    副所長       
  • |
  • 編集 2008年07月23日水曜日
    人事:政府 官房副長官補に河相氏就任承認 - 毎日jp(毎日新聞)
     時事ドットコム:官房副長官補に河相氏=外務省総政局長は別所氏
     
    氏名 生年月日 学歴 職歴 新官職
    安藤裕康 昭和19年11月22日 東大文卒 昭和45年4月外務省採用、昭和61年7月アジア局南東アジア第二課長、平成6年2月官房外務参事官兼経済局、平成8年1月橋本総理秘書官、平成11年7月在米公使、平成15年8月紐育総領事 欧州大使
    河相周夫 昭和27年11月22日 昭和50年一橋大経卒 昭和50年外務省入平成6年アジア局南東アジア第一課長、平成8年池田行彦・小渕外相秘書官、平成10年総合外交政策局総務課長、平成12年官房外務参事官(北米局担当)、平成13年駐米公使、平成17年1月北米局長就平成19年総政局長 外交担当の内閣官房副長官補
    別所浩郎 昭和28年2月5日 灘高東大法卒 昭和50年外務省入、総政局総務課長、平成13年4月小泉総理秘書官平成19年国際協力局長 総政局長
    木寺昌人   会計課長総政局審議官アフリカ審議官 国際協力局長

     3人とも秘書官を経験しており、安藤次期大使、河相次期副長官補は南東アジア課長、官房参事官、駐米公使等米国関連の役職、河相氏と別所次期総政局長は同局総務課長を経ている。
     現在の副長官補3人は全員昭和45年入省庁。河相次期副長官補は50年入省で5年も遅く、他省の人事にも影響を与えるかもしれない。
     河相、別所両氏は同期入省であり、小泉政権の長さがうかがえる。
     歴代総政局長は錚々たる顔触れであり、財務省同様、長く外務省から離れていた元首相秘書官としては好待遇ではなかろうか。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。