• |
  • 編集 --年--月--日--曜日
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |
  • 編集 2009年01月21日水曜日
    [   モーニング娘。「泣いちゃうかも」が凄く良いかも。]の続きを読む
    スポンサーサイト
  • |
  • 編集 2008年12月17日水曜日
     ワンダフルハーツ、次期ハロー!プロジェクトメンバーmixiコミュニティ参加者数(以下敬称略)。

     1位 田中れいな 2579
     2位 高橋愛 2459
     3位 鈴木愛理 2335
     4位 久住小春 2305
     5位 嗣永桃子 1919
     6位 亀井絵里 1834
     7位 菅谷梨沙子 1684
     8位 矢島舞美 1464
     9位 道重さゆみ 1426
     10位 夏焼雅 1313
     11位 新垣里沙 1050
     12位 萩原舞 1022
     13位 熊井友理奈 905
     14位 中島早貴 815
     15位 真野恵里菜 700
     16位 岡井千聖 690
     17位 有原栞菜 686
     18位 梅田えりか 684
     19位 清水佐紀 642
     20位 徳永千奈美 613
     21位 須藤茉麻 597
     22位 光井愛佳 540
     23位 ジュンジュン 420
     24位 リンリン 185

     現状。

     一、 娘。首位は田中、ベリーズ首位は嗣永、キュート首位は鈴木。ベリキュー首位は鈴木。ワンダ首位は田中。

     二、 娘。最下位はリンリン、ベリーズ最下位は須藤、キュート最下位は梅田、ベリキュー最下位は須藤、ワンダ最下位はリンリン。

     
     3月2日との比較。

     記事「   2008年3月2日ハロー成員の、mixi共同体成員数順位。」との比較で分かる順位逆転。

     一、 田中が高橋、久住を抜いて娘。首位になった。
     二、 鈴木が久住、亀井を抜いた。
     三、 嗣永が亀井、菅谷、道重を抜いた。
     四、 矢島が道重を抜いた。
     五、 真野が岡井、有原、梅田、清水、徳永、須藤、光井を抜いた。
     六、 岡井が梅田、徳永、須藤を抜いた。
     七、 有原が梅田、清水、徳永、須藤を抜いた。
     八、 梅田が徳永を抜いた。
     九、 清水が徳永、須藤を抜いた。

     順位変動。

     高橋1→2位。
     久住2→4位。
     田中3→1位。
     亀井4→6位。
     鈴木5→3位。
     菅谷6→7位。
     道重7→9位。
     嗣永8→5位。
     矢島9→8位。
     夏焼10→10位。
     新垣11→11位。
     萩原12→12位。
     熊井13→13位。
     中島14→14位。
     徳永15→20位。
     梅田16→18位。
     須藤17→21位。
     岡井18→16位。
     清水19→19位。
     有原20→17位。
     光井21→22位。
     真野22→15位。
     ジュンジュン23→23位。
     リンリン24→24位。

     7位上昇 真野。
     3位上昇 嗣永、有原。
     2位上昇 田中、鈴木、岡井。
     
     2位下落 久住、亀井、道重、梅田。
     4位下落 須藤。
     5位下落 徳永。

     参加者数増加率(小数点第2位以下四捨五入)。

     鈴木 76点8%。
     真野 72点4%。
     有原 64点1%。
     嗣永 63点0%。
     中島 58点3%。
     岡井 50点0%。
     梅田 42点5%。
     清水 41点7%。
     矢島 40点1%。
     菅谷 40点0%。
     夏焼 39点1%。
     田中 37点9%。
     萩原 36点8%。
     ジュンジュン 31点7%。
     光井 29点8%。
     須藤 28点9%。
     リンリン 26点7%。
     熊井 25点9%。
     高橋 24点8%。
     徳永 24点3%。
     久住 20点7%。
     道重 18点7%。
     新垣 14点9%。
     亀井 11点2%。
     
     上位の鈴木から夏焼まで、「ベリキュー」の面々で占められている。
     特に℃-uteが伸びている。
     一方、下位は、亀井から久住まで、モーニング娘。、中でも5~7期の、HighKing以外が集中している。
     

     今後起こりそうな逆転。

     一、 鈴木が高橋を抜く。
     二、 久住が高橋を抜く。
     三、 萩原が新垣を抜く。
     四、 中島が熊井を抜く。
     五、 真野が中島を抜く。
     六、 有原が岡井を抜く。

     
     今年の変化と今後の展望纏め。

     今年の変化。

     一、 田中が久住、高橋を抜いて、娘。、ワンダ首位になった。
     二、 嗣永が菅谷を抜いてベリーズ首位になった。
     三、 真野が7人のワンダメンを抜いた。
     四、 増加率は℃>ベリ>娘。。

     ハローの看板である娘。と、ベリーズで「エース」が交代。
     「世代交代」が進み、ベリキューはキューべリになりつつある。
     
     今後の展望。

     一、 2009年、今のワンダがハロー!になる。
     二、 2009年、高橋が娘。を辞め、リーダーは新垣、サブは亀井になる可能性が大きい。
     三、 2009年頃、娘。の新規成員採用の為の選考実施が発表される可能性が大きい。
     四、 金融危機、世界的大不況。新たな女性アイドルグループ誕生の好機。

     ハローはすっかり衰退し、ジャニーズになる事には失敗した。
     しかし、アップフロントは、現在までに多額の利益を生み、大手芸能事務所に成長し、現在も黒字であるが故に娘。を存続させている事も忘れてはいけない。
     ハローは事業再構築を断行した。

     高橋が娘。を辞めれば、娘。は更に急激に勢いを弱めるだろう。
     8期がその穴を埋められていない事に事務所も苦悩しているだろうが、吉川、増田、佐藤等を合格させていたところで、結果に大差は無かったろう。最早、そういうレベルの問題ではないのだ。「モーニング娘。」というビジネスモデル自体が、商品自体が完全に衰退期に、もう随分前から入ってしまっている。私が改めて書くまでも無く。
     「何期の誰が悪いんだ」と叫ぶ事は、「私は馬鹿です」と言うに等しい。
     
     拙い日本語を話す外国人は芸能人として人気が出易い。だが、爆発的人気を得るには至らなかった。
     事務所の目は既に海外に向いており、韓国、香港、台湾等からも成員を採用し、市場を開拓する事は当然選択肢の1つだろう。
     何をして驚かせるのか。


     混迷の時代、昭和のおにゃんこを模倣して見事に成功したのがモーニング娘。だった。
     だが景気回復と同調するかのように、それは消えて行った。
     2008年、米国のサブプライムローン問題に端を発した金融危機、世界的大不況への流れは来年以降、その姿を明確に現して行く事となろう。
     これは新たな女性アイドルグループを誕生させる好機であり、それを企む人間も居るだろう。
     それがアップフロントからなのか、、アップフロント以外からのような気はするが、、歴史が再び繰り返されそうな予感はする。
     
  • |
  • 編集 2008年11月26日水曜日
     驚きました。
     と言うのは、来年は、「リーダー」の高橋愛さんが、協会の演劇番組に主役として定期出演する予定だからです。
     来年は厳しいかもしれないけれど、今年は大丈夫だろうと思っていました。
     今年出させない位なら、去年の内にとっくに、、、という風に思うので。

     ハロモニや「ハロモニ@」終了の時と似た感覚です。

     紅白公式頁によれば、協会は去年から来年の3年間、紅白の「変革」を目指しているそうです。
     主題は「歌力」。
     娘。外しはその一環かもしれません。
     協会が視聴率と無縁等というのは嘘です。
     協会は遂に、娘。との「決別」を行いました。
     昔の友人から年賀状が来なくなる感じです。

     娘。に限らず、ベリキュー、GAMの2人も居らず、ハローからは里田さんのみ。その里田氏も来年からハローの一員ではなくなります。
     アップフロントからは五木さんを加えて2人です。
     
     一方で、AKB48、中川翔子、リア・ディゾンといった、去年初出場を勝ち取った、ハローと競合し易そうな面々も消えました。
     
     芸能事務所でなく音盤企業ですが、エイベックスは、大塚愛、「ガルネク」、こうだくみ、浜崎あゆみ、エグザイルの5組。
     ジャニは司会が所属するスマップ、トキオの2組。
     
     パフューム初出演が「変化」の象徴だと感じます。
     
     「一般」記事で、娘。不出場に触れた物を私は見ていません。
     居なくなって初めてその人の存在感が分かる事は多いと思いますが、「世間」の認識はその程度だったという事でしょう。

     今回プロデューサーに選ばれなかった事で、モーニング娘。が今後、来年以降、紅白に出る事はかなり困難になったと思います。
     ベリーズ、キュートは未だ可能性がある気もしますが、松浦、藤本両氏も厳しそうです。
     
     
  • |
  • 編集 2008年11月16日日曜日
     今年は遂に開催されないのかとも思いましたが、、、未だ、ESRP2での発表も無く、トップ頁が公開されておらず、候補が挙げられているだけのようですが、

     楽曲部門で好きなのは、

     モーニング娘。「リゾナント ブルー」、
     モーニング娘。「ペッパー警部」、
     モーニング娘。「どうにもとまらない」、
     モーニング娘。「恋のダイヤル6700」、
     アテナ&ロビケロッツ「青春!LOVEランチ」、
     Buono!「恋愛♥ライダー」。

     6つしかありませんが、配点は、「リゾナント~」>>「青春~」>「恋愛~」>>「どうにも~」>「ペッパー警部」(>「恋の~」)ってな感じで。
     秋公演の影響が結構大きいです。

     PV部門は、

     モーニング娘。「リゾナント ブルー」(Another Ver.)、
     モーニング娘。「リゾナント ブルー」(Lesson Studio Ver.)、
     モーニング娘。「リゾナント ブルー」、
     アテナ&ロビケロッツ「青春!LOVEランチ」、
     Berryz工房「行け 行け モンキーダンス」、
     Buono!「恋愛♥ライダー」、
     Buono!「こころのたまご」(Dance Shot Version)、
     Buono!「恋愛♥ライダー」(Dance Shot Version)。

     あれ、「リゾナント ブルー」のOne Cut Dance Ver.は無いんでしょうか。。。
     配点は、「~Another~」>(「~One~」>)「~Lesson~」>「リゾナント~」≒「青春~」という感じ。
     「行け~」は歌は退屈でしたが、成員の顔が綺麗に撮れていました。

     「推しメン部門」は、

     紺野あさ美、
     新垣里沙、
     亀井絵里、
     道重さゆみ、
     田中れいな、
     久住小春、
     嗣永桃子、
     鈴木愛理、
     岡井千聖、
     村上愛。

     の中から、矢張りガキさんで。

     村上さんは、、、あの人は今。。。

     prseさん他、今年も有難う御座います。
     トップ画像とバナーが楽しみです。
     
     ねすさんの「しあわせのありか。」で楽曲大賞開催を知ったんですが、候補とか、選考過程とか、配点とか、去年の歌に投票したいとか、、、似てるなあ。。。
     「リゾナント~」大賞有力か?
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。